長物加工におけるポイント

長物加工におけるポイント

一般的に3mを超すような長い部品の加工のことを長物加工もしくは長尺加工といいます。

 

長物加工は、長くなればなるほど精度を出すのが困難になってきます。材質、形状によっては大きく歪み、ソリ、ねじれが発生します。

このような場合弊社では、必要に応じて各工程で歪み取り工程を入れ、本来研削加工が必要な品物や、研削できない品物でも研削レスで高精度な製品を提供します。

 

弊社が製作した長物加工の加工事例の一部をこちらでご紹介しております。

 

また、弊社ではYou Tubeチャンネルを開設しており、加工事例の一部や工場内の設備を営業担当が紹介しております。

▼5mを超す製品を動画で見る!▼

 

▼長さ6m、幅が0.5mまで対応できる縦型マシニングセンターはこちら▼

 

長尺部品加工センターを運営する城陽富士工業では、ミクロン単位の超高精度加工や横型加工など、お客様のあらゆるニーズにお応えする加工技術を保有しております。

また、城陽富士工業では、

リモート会議システムを活用した「オンライン技術相談」も随時行っております。

 

「こんな形状、加工できるの?」

「どうすれば、もっと安く加工できるの?」

などなど、加工に関するご相談は、お気軽に下記からお願いいたします!

 

無料オンライン技術相談のお申込みはこちら!>>

お問い合わせはこちら>>