susのプレート加工におけるポイント

susのプレート加工におけるポイント

金属プレートは、金属板とも呼ばれ、自動車や、土木・建築、家電機器まで幅広く利用されています。

その加工方法は、材質や板厚によって多岐にわたります。

 

中でも、susのプレート加工は加工歪が発生しやすく、平面度などの精度要求を満たすのに非常に困難な加工になります。長尺部品加工センターでは、荒加工・仕上加工や熱処理工程などを行い、研削なしでも高精度な平面度・平行度を実現します。

 

加工事例①

下の写真は、SUS304の長尺プレートに対してバフ研磨を施し、研削加工で仕上げた高精度長尺加工の事例です。歪み取りをエンジニアによる手作業で実施し、強みのひとつである「研削レスによる高精度長尺プレート加工技術」を活かす形で製作いたしました。

詳しくはこちら>>

 

加工事例②

下の写真は、ステンレス大物プレートで平行・平面60ミクロンに加工した事例です。両サイドの切りかけ箇所の平面加工が困難ですが、平面度60ミクロン以内で加工できました。

詳しくはこちら>>

 

加工事例③

下の写真は、薄板ステンレスプレートで平行度・平面度20μを実現した事例です。薄板ステンレス(SUS430)のため、加工歪が多く発生する形状になっていますが、熱処理・研削工程を加えることで、平行、平面度20ミクロンを達成いたしました。

詳しくはこちら>>

 

いかがでしょうか。上記で紹介した加工事例はほんの一部です。

「こんな形状、加工できるの?」

「どうすれば、もっと安く加工できるの?」

などなど、加工に関するご相談は、お気軽に下記からお問い合わせください。

 

また、長尺部品加工センターを運営する城陽富士工業では、

リモート会議システムを活用した「オンライン技術相談」も随時行っております。

 

無料オンライン技術相談のお申込みはこちら!>>

お問い合わせはこちら>>