インバーとは?インバーとスーパーインバーの加工におけるポイント

インバーとは?インバーとスーパーインバーの加工におけるポイント

インバー(合金)とは?インバー(合金)の特性

インバーの成分としては鉄63.5%と、ニッケル36.5%と、マンガン0.7%、炭素0.2%未満が含まれる合金であり、熱膨張が非常に低く、熱の影響をほとんど受けない金属です。インバーの熱膨張係数は鉄のおよそ1/10です。さらにインバーを発展させた合金をスーパーインバーといいます。スーパーインバーは鉄63.5%、ニッケル31.5%、コバルト5%の三元合金で熱膨張係数は鉄の1/100以下とインバーよりさらに優れた特性を持ちます。

 

インバーとスーパーインバーの加工におけるポイント

インバーなどの低熱膨張材は加工が困難な難削材です。その要因としては低熱膨張材の特性である、熱による変形が無いのと同時に、熱伝導率の低さにあります。熱伝導率が低いと、加工を行った際に、熱が材料にこもる事で歪が発生しやすくなります。その為適切な切削条件で加工する事で歪を最小限に押さえる必要があります。

 

スーパーインバーの加工事例:FN315 横穴ボーリング加工

こちらは、スーパーインバーに深穴ボーリング加工を行ったものです。

スーパーインバーは粘り気が強く、削りにくい材料です。

マシニングセンタ―(DuraVertical 5060)にて段落ち加工を行った後、
横型マシニングセンター(HS5A)にて、側面に深穴加工を行い、Φ32H7 の深穴ボーリング加工を施しました。
この深穴ボーリングは底面に対しての平行度 10ミクロン、同芯度 10ミクロンに仕上げています。

 

加工事例の詳細はこちら>>

 

最後に

長尺部品加工センターを運営する城陽富士工業では、ミクロン単位の超高精度加工や横型加工など、お客様のあらゆるニーズにお応えする加工技術を保有しております。

また、城陽富士工業では、

リモート会議システムを活用した「オンライン技術相談」も随時行っております。

 

無料オンライン技術相談のお申込みはこちら!>>

お問い合わせはこちら>>